⚠️ 基本ネタバレしております。ご注意ください。

【読書総括】2023年に読んだ本、全37冊 心に残ったベスト3は…♪

遅ればせながら、2023年読書総括です。 2024年、年が明けて1月も半ばを過ぎてしまいました。 昨年56冊、今年37冊、昨年より20冊も少ないわ ^^; 今年はよく旅行に出かけたので、旅行中はもちろん、帰ってきてからのブログ書くにも、随分時間取られて読書捗…

【髙田郁】『ふるさと銀河線』鉄道にまつわる9編がおさめられた短編集

2024年1月1日 神田明神にて撮影 あけましておめでとうございます。 いつもご訪問ありがとうございます。 読書のペースが遅く、更新頻度が低いこのブログですが、今年も読書記録として綴っていこうと思います。 時々覗いていただければ嬉しいです♪ さて、読書…

【直木賞・山本周五郎賞受賞】永井紗耶子著『木挽町のあだ討ち』

直木賞受賞作、候補作は読もうと思ってるので、いつもノミネートされた時点で図書館に予約しています。 『木挽町のあだ討ち』は、直木賞受賞が発表される直前に予約したので150人待ちぐらいでしたが、今は500人以上の方が予約待ちです。 Amazonの評価も、6割…

【瀧羽麻子】『うさぎパン』

瀧羽麻子さんの作品は『もどかしいほど静かなオルゴール店』を読んだのが初めてでした。 とてもあたたかく穏やかな空気の流れている物語に魅了され、他の作品も読んでみることに。 Amazon ★4.1 ★5=55% 目次: 瀧羽麻子さんのデビュー作『うさぎパン』を読み…

【中山七里】どんでん返しの帝王、そう来たか、な『さよならドビュッシー』

中山七里さんの作品を読むのは4作品目です。 どんでん返しの帝王、の異名をとる中山七里さん。 中山七里さんのデビュー作が『さよならドビュッシー』です。 Amazon★4.2 ★5=49% デビュー作にして、第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作されています。…

瀧羽麻子著『もどかしいほど静かなオルゴール店』

瀧羽麻子さん、初めて読む作家さんですが、温かくてほっこりする作品 『ありえないほどうるさいオルゴール店』が1作目で、『もどかしいほど静かなオルゴール店』は2作目です。 またまた、2作目から読んでしまいました。 Amazon★4.3 ★5=63% あなたの心で鳴っ…

【芥川賞】高瀬隼子著『おいしいごはんが食べられますように』読了

久しぶりに芥川賞受賞作を読みました。 芥川賞は、純文学に与えられる賞故か、何が面白いのかわからない作品が多く^^; 好みの作品が少ないのですが… この作品は面白い!! Amazon ★3.8 ★5=37% 「二谷さん、わたしと一緒に、芦川さんにいじわるしませんか…

成田名璃子著『今日は心のおそうじ日和2』読了

お出かけに連れていける、軽く読める文庫本を、と、以前読んだ『東京すみっこごはん』の著者、成田名璃子さんの作品から、 『今日は心のおそうじ日和2』を選んで借りました。 いきなり、『2』だけど気にしないw Amazon ★4.3 ★5=54% 目次: 四章から成るお…

小手鞠るい著『天使の子』|実話をベースに書かれた小説

小手鞠るい著『天使の子』を読みました。 小説そのものは、とても読みやすく、192ページ 前半は恋愛小説の醍醐味、後半は謎解きというか、ミステリー味があって、先へ先へと読まされました。 この本の内容愛することは受け入れること――。28歳わたしがアメリ…

【中島京子】『夢見る帝国図書館』読了

どのような本を読むのか、その基準は人それぞれですが、 私は、本屋大賞ノミネート・受賞作、直木賞ノミネート・受賞作を中心に読んでいます。 そして、受賞・ノミネート作家さんの著書を読んでいくことが多いです。 読みたい本を選んで、Amazonのサイトであ…

【辻村深月】『嘘つきジェンガ』読了|詐欺にまつわるお話3編

全284ページ、読み始めたら面白くあっという間に読めました。 振り込め詐欺、オレオレ詐欺、国際ロマンス詐欺…いろんな詐欺がニュースを賑わせていますが… この本に収められた詐欺のお話、どれも最後はほっこりと温かい気持ちになれる、主人公にエールをおく…

中野信子著『エレガントな毒の吐き方』|あまりにもキャッチーなタイトルに興味津々

キャッチーなタイトルに惹かれて読んでみました 『エレガントな毒の吐き方』、インスタの読書アカウントからたくさん読んだ報告が上がっていたので、私も図書館に予約していました。 その時点から、Amazonの★の評価がいまひとつ。 まぁ、こんなものか、の★3…

【中山七里】『夜がどれほど暗くても』|どんでん返しの帝王のパンチ弱め

胸のすく「どんでん返し」がお約束の中山七里さん 中山七里さんの著作は「護られなかった者たちへ」「死にゆく者の祈り」を読みました。 今回が3作目です。 志賀倫成は、大手出版社の雑誌『週刊春潮』の副編集長。スキャンダル記事に自負を持ち、充実した編…

【一穂ミチ】【本屋大賞・直木賞候補】『光のとこにいてね』|惹かれ合う二人の運命

本屋大賞3位、一穂ミチ著『光のとこにいてね』を読みました Amazon★4.3 ★5=56% 目次: 本屋大賞3位、一穂ミチ著『光のとこにいてね』を読みました 家庭環境が全く違う二人の共通点は、母親で苦労しているところ まさかの再会! 結珠の通う私立高校に果遠が…

【森沢明夫】『キッチン風見鶏』|洋食屋が舞台のほのぼのとした人間ドラマ!

昨年、『エミリの小さい包丁』で森沢明夫作品に出会って、森沢明夫さんの温かい作風に触れ、ファンになりました。 優しい人達がゆるく繋がってほっこり、癒やされます。 更に! ここ大事!! 心に残る素敵な言葉、人生を生き抜く上で参考にしたい文章が散り…