happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

★本屋大賞

【横山秀夫】一気読み!!横山秀夫著「ノースライト」読了♪

本屋大賞ノミネート作品だけあって、面白い!読まされました! 毎年、本屋大賞ノミネート作品の中から、興味のある作品を何点か読むことにしています。 今回読んだのは、横山秀夫著「ノースライト」。 こちらも何の予習もなしに読み始めたのですが、面白かっ…

大島真寿美著「渦 妹背山女庭訓 魂結び」読了♪

直木賞、本屋大賞 ダブル受賞の「渦 妹背山女庭訓(いもせやまおんなていきん)魂結び」を読みました。 何の下調べもせずに読み始めたのですが、読み終わる頃になって 主人公の近松半二が実在の人物であることを知りました。遅っ! 歌舞伎や人形浄瑠璃(文楽…

【三浦しをん】「愛なき世界」不完全燃焼でもやもや

本屋大賞2019 7位の作品 三浦しをん著「愛なき世界」 装画は、漫画家の青井秋さん作。精密な植物画は、飾っておきたいような美しさです。 お話に出てくる エッペンチューブやイチョウの葉、ピンセットやシロイヌナズナの種?などが ブルーの箔で押してありま…

【柚月裕子】「盤上の向日葵」を読みました(ネタバレあり)

2018年本屋大賞 2位の作品 本屋大賞受賞・ノミネート作品を中心に読んでいます。 ノミネート作品が決まったら コレは読まないだろうと思う作品を除き ほぼ全部予約してます。 2018年のグランプリは「かがみの孤城」でした。 早い段階で読んで、読み終えてか…

【本屋大賞】平野啓一郎著 ある男 読了

本屋大賞2019 5位 平野啓一郎著 ある男 読了 アントニー・ゴームリーの彫刻が表紙絵になってます。どうも、悩んでるようですね^^; 本屋大賞受賞という事で読んでみました。 本の帯には その偽りは、やがて成就した本物の愛によって赦されたのであろうか?…

【本屋大賞】森見登美彦著「熱帯」読了♪

面白うてやがて哀しき… 本屋大賞2019 4位の作品。森見登美彦さんの 「熱帯」を読みました。 約500ページ、ズシンと重い本です。 本屋大賞2019 ノミネート作品10作中 すでに 6作品を読了しました。 そしてバトンは渡された、ひと、さざなみのよる、ひとつむぎ…

【本屋大賞】木皿泉著 さざなみのよる 読了

書店員がえらぶ 泣ける本 第1位 世間の皆さんは どういう基準で読む本を選んでらっしゃるのかな~といつも思ってます。 私は 読書好きのブロともさんからの紹介のほかは 〇〇賞受賞作が多いです。 直木賞、本屋大賞が主でしょうか? そして その受賞作の著者…

【本屋大賞】深緑野分著「ベルリンは晴れているか」読了

大戦後の動乱のベルリンが見てきたかのように描かれています 本屋大賞2019 第3位 「ベルリンは晴れているか」読了しました。 表紙を開けた所に ドイツ(ベルリン)の地図、そして 登場人物がずらりと並んでいて、それらを見ただけで、この作品を読むには 気…

【本屋大賞】ノミネート「ひとつむぎの手」泣けた~!

本屋大賞ノミネート作品は 感動作が多いので大好きです!大賞受賞の「そしてバトンは渡された」と2位の「ひと」、9位の「火のないところに煙は」は読了しました。今日読み終えたのは 8位の「ひとつむぎの手」です!BOOK データベースには… 大学病院で過酷な…

【本屋大賞】最終章で昇華「火のないところに煙は」読了

本屋大賞2019にノミネートされた 芦沢央著「火のない所に煙は」を読みました。新潮社のHPには 「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」。突然の依頼に、かつての凄惨な体験が作家の脳裏に浮かぶ。解けない謎、救えなかった友人、そこから逃げ出した自分。作家…

【本屋大賞】小野寺史宜著 「ひと」読了♪

本屋大賞2019 2位の 「ひと」を読みました。今年の本屋大賞に選ばれたのは 「そして、バトンは渡された」ですが その次にランクインしたんですね~♪昨日 「メモの魔力」を図書館に返却に行ったときに ちょうど予約したのが届いてたので借りてきました。実は…

【本屋大賞グランプリ】瀬尾まいこ著「そしてバトンは渡された」読みました♪

瀬尾まいこさん~!本屋大賞受賞、おめでとうございます!!瀬尾まいこ著 そして、バトンは渡された を読みました♪ブログのお友達がブログで紹介されていた本です。初めて読む作家さんです。ラスト、育ての親の一人 森宮さんが 優子とともに大きな扉の向こう…

本屋大賞2019 決定!!

4月9日 本屋大賞2019 決定しました!! そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ ひと 小野寺史宜 ベルリンは晴れているか 深緑野分 熱帯 森見登美彦 ある男 平野啓一郎 さざなみのよる 木皿泉 愛なき世界 三浦しをん ひとつむぎの手 知念実希人 火のないところ…

【本屋大賞】小川糸著「キラキラ共和国」読了♪

小川糸著 キラキラ共和国を読みました♪以前読んだ ツバキ文具店(2017年本屋大賞第4位)の続編とも言える本です。装画も ツバキ文具店とよく似た 今度はお店の正面からの絵です。ツバキ文具店では 主人公のぽっぽちゃんこと鳩子の代書屋としての生活や ご近…

【本屋大賞】塩田武士著「騙し絵の牙」を読みました♪

2018年 本屋大賞 塩田武士著 騙し絵の牙を読みました。ネタバレ注意です! いつも本屋大賞を中心に読んます。著者の塩田武士さんは「罪の声」で2017年に本屋大賞にノミネートされてます。こちらは かのグリコ・森永事件を題材に書かれた構想15年の意欲作です…

吉田修一著 ウォーターゲーム 読了♪

平成30年5月26日の新聞広告に出ていた ウォーターゲーム。広告には、震えるほどの圧倒的展開、度肝を抜く大どんでん返し。ハリウッド映画を凌駕する超絶スパイ・エンターテイメント、誕生!この一文読んだら、ワクワクしてしまって…図書館で探したらあったか…

【本屋大賞グランプリ】恩田陸著「蜜蜂と遠雷」を読みました♪

恩田陸著 蜜蜂と遠雷を読みました。 直木賞と本屋大賞ダブル受賞の作品です。 映画化も決まった話題の本です。 2017年に図書館に予約していてようやく回ってきました。 手に取った瞬間 思いの外分厚くて 1ページに 二段組で読めるだろうかと心配になりました…

【本屋大賞】塩田武士著「罪の声」を読みました♪

2017年本屋大賞3位の「罪の声」を読みました。 画像は講談社BOOK倶楽部より 図書館に返す前に写真撮り忘れた~ *「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門第1位 *第7回山田風太郎賞受賞と話題になった作品です。 それもそのはず、昭和の未解決大事件…

【本屋大賞】今村昌弘著「屍人荘」の殺人 読了♪

本屋大賞2018 第3位 今村昌弘著「屍人荘の殺人」を読みました。 本屋大賞受賞作を読むのが好きです。 書店員が売りたい本なのですから 間違いないでしょう、ということで興味のある本屋大賞ノミネート作品は結構読んでます。 この「屍人荘の殺人」は本屋大賞…

【小川糸】「つばき文具店」を読みました♪

「2018年本屋大賞」10位の作品 「ツバキ文具店」を読みました。 著者の小川糸さんの作品は 「食堂かたつむり」を読んだことがありますが 今回は 文具店が舞台。 文具店の話がそんなに面白いのだろうか?と ちょっと懐疑的になってましたが さすが 本屋大賞10…

【本屋大賞・原田マハ】「たゆたえども沈まず」を読みました

大好きな作家さん 原田マハさんの「たゆたえども沈まず」を読みました。 2018年本屋大賞 4位の作品です。 たゆたえども沈まず(Fluctuat nec mergitur)――これは16世紀から存在する、パリ市の紋章にある標語だ。帆いっぱいに風をはらんだ帆船とともに刻まれて…

【本屋大賞】脳内エンタメ!下村敦史著「サハラの薔薇」

4日連続でヅカネタ書かなかったらどうなるのだろう? 昨日読み終えたばかりの「サハラの薔薇」 記憶が鮮明なうちに感想書留めとこっと。 ↑ ↑ 薔薇の花びらと 薔薇の文字がチリチリと燃え始めているのが 象徴的。 下村敦史著「サハラの薔薇」を読みました プ…

【本屋大賞】村山早紀著「百貨の魔法」読了♪

2018年本屋大賞 9位の作品 村山早紀著 百貨の魔法を読みました。 本の帯には、 「時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。 エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、 テナントのスタッフ…

佐藤正午著「月の満ち欠け」読了♪

佐藤正午著「月の満ち欠け」を読みました。 久しぶりに読書ネタUP 読書ネタは 読むのに時間かかるわ、書くのに気を使うわ、 そのくせ アクセス数ダダ下がりの良い事無し。 骨折り損のくたびれ儲けだけど 記録魔故 記しておきます。 第157回直木賞受賞作とい…

「星に願いを、そして手を。」 読了♪

第29回小説すばる新人賞受賞作品 「星に願いを、そして手を。」を読みました。 著者は2000年生まれの高校生。 小説すばる新人賞 最年少記録更新! 将棋の藤井聡太四段もすごいけど 文学界にもすごい若者がいました♪ まだ 人生経験の浅い著者が よくぞここま…

【本屋大賞・辻村深月】「朝が来る」読了♪

辻村深月著 朝が来る 読みました 本屋大賞 5位の作品です。 先日特別養子縁組の制度を悪用した詐欺事件の犯人が逮捕されました。 「特別養子縁組」…あまり縁のない言葉でしたが 私の中で急にクローズアップされました。 丁度そんな時に この本を読みました。…

【本屋大賞】羊と鋼の森に泣きました~~~

本屋大賞2016 宮下奈都著 羊と鋼の森 読みました。 amazonの内容紹介 ↓ 史上初! 堂々の三冠受賞! ・2016年 本屋大賞 ・2016年 キノベス! 第1位 ・2015年 ブランチブックアワード大賞 ゆるされている。世界と調和している。 それがどんなに素晴らしいことか。…

本屋大賞2015 「鹿の王」必死で読了…

本屋大賞2015 「鹿の王」を読みました。 分厚い上下巻モノを読む前には 本当に読み切るのか?と その決意があるのか?と自問します。 上巻 568ページ 下巻 560ページ 下巻は疲れました~。 強大な帝国にのまれていく故郷を守るため、死を求め戦う戦士団。 そ…

本屋大賞2015 第4位「本屋さんのダイアナ」読みました♪

この度の大雨で大きな被害が出ています。 被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧をお祈りいたします。 書くの疲れる割に 面白くもなんともないし アクセス下がるし 記録したという自己満足だけが支えだけど 久しぶりに読書ネタいっ…

本屋大賞2015 第3位「ハケンアニメ!」読了♪

本屋大賞ノミネート作品が発表になった時に 図書館に予約していた作品です。 辻村深月著 ハケンアニメ! 読みました。 第3位にふさわしい 心に響いてくるお話でした。 表紙がごちゃごちゃしていて インパクトがないのがもったいないけど CLAMPという女性漫…