happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

高田郁

みをつくし料理帖 最終巻 「天の梯」読了♪

みをつくし料理帖 シリーズの最終巻 「天の梯(そらのかけはし)」を読みました。 第1巻から読んでいるので、いよいよここまできたのか、と 感慨深いとともに 終わってしまうのが惜しい! 2009年5月第一巻 八朔の雪 刊行 私が第一巻を読んだのは2010年3月の…

みをつくし料理帖第9巻 美雪晴れ 読了♪

久々に読書ネタ~♪ ずっとシリーズで読んでいる高田郁著「みをつくし料理帖」 第9巻 美雪晴れを読みました♪ 行方知れずになっていた 天満一兆庵の息子・佐兵衛が見つかった。 佐兵衛から再婚の了解を得た 澪の育ての親、元天満一丁庵のおかみ・芳。 戯作の版…

高田郁著 「残月」 読了♪

ずっとシリーズで読んでいる「みをつくし料理帖」 第8巻 残月を読みました♪ 表紙絵の澪も、かわいい女の子から、お姉さんに変わりました。 澪は、子供の頃、大阪の洪水で両親と死に別れ、 料亭・天満一兆庵の主夫婦に助けられ、我が子のように育てられた。 …

高田郁著 「夏天の虹」読了~♪

みをつくし料理帖シリーズも いよいよ第7巻になりました。 みをつくし料理帖 第7巻 夏天の虹を読みました。 ネタばれあります、ご注意ください [emoji:e-1] 第6巻で、主人公の女料理人の澪は、 想い人、御膳奉行の小松原との縁組まで進んだ。 武家の妻にな…

高田郁著 「心星ひとつ みをつくし料理帖」読みました♪

高田郁著 「心星ひとつ みをつくし料理帖」を読みました♪ 私の大好きな みをつくし料理帖シリーズの第6弾です! いつもながらののんびりした江戸情緒を楽しみながらの読書です 主人公・澪と周囲の人たちとの心の交流が温かく癒されます。 ほっこり~♪ ネタバ…

高田郁著 「小夜しぐれ」 読了♪

高田郁著 「小夜しぐれ」 読みました。 おいしい料理小説としても、時代小説としても 大変興味深く 楽しく読める「みをつくし料理帖シリーズ」! 第五巻となり 人物も深く描きこまれ それぞれの過去なども少しずつ明らかになり かずかずのエピソードも繰り返…

高田郁著「今朝の春」読了♪

ふぁ~ いつものことながら 読後感爽やか~! 胸が、ほのぼのと温かいもので満たされます。 澪の周りの登場人物、善人ばかりで みおつくし料理帖シリーズ第4弾、今朝の春!! だんだん 登場人物のキャラも色濃くなってきて 読んでてますます楽しい 今まで分…

高田郁著 「想い雲」 読みました♪

想い雲、読み終わりました♪ 高田郁著 みをつくし料理帖のシリーズ第3弾です 今回もじんわりと温かい気持ちに満たされ、読後感爽やか~ 夏の盛り 土用に鰻は高価なので 「う」の付く食べ物(卯の花和え 梅土佐豆腐、埋め飯)で「う尽くし膳」を出して 食通の…

高田郁著「花散らしの雨」読了♪

今回も泣けました 人情にほろっときます このシリーズに登場する人物は善人ばかり 世知辛い現代を生きてる私からすれば 思いやりのある 温かい人と人とのつながりを感じる のんびりとした 江戸の下町の暮らしが羨ましく思えます 主人公・澪 そして 彼女を取…

高田郁(かおる)著 みをつくし料理帖 八朔の雪、読了

去年の11月8日に 図書館で予約した本がようやく回ってきました。 朝日新聞に 面白い、と記事に出てたので予約した、 高田郁(たかだ かおる)著 みをつくし料理帖 お料理の描写が秀逸!! 舞台は江戸 8歳の時に大阪で水害に遭い、 両親や親友を失った18歳の…