happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

浦賀和宏著 「彼女は存在しない」読了♪

今年初の読書ネタ♪

浦賀和宏著「彼女は存在しない」を読みました。

      彼女は



新聞広告を見て、面白そうだから図書館に予約入れてました。

最後のネタばらしに、ああ、そう言うことね、と
納得するのですが
結構、作者に騙されます。[emoji:e-446]

最後の最後のどんでん返しが味噌

確かに、彼女は存在しませんね [emoji:e-77]








ここからちょっとだけ内容に触れてるので
未読の方はご注意下さい [emoji:e-1]






主人公の妹は多重人格者なんです。

多重人格者については、20年近く前に、
ノンフィクションの「24人のビリー・ミリガン」を読んで
その実態を知りました。

幼少期に、ひどい虐待を受けると
自分自身を守るために別人格が形成されるそうです。

その後読んだ本でも、多重人格者を扱う作品は多いです。

*映画「永遠の0」「モンスター」などの原作者・百田尚樹さんの作品
プリズム

      百田尚樹著 「プリズム」 読了~♪ 2012.8.19

*第58回江戸川乱歩賞受賞 高野史緒著「カラマーゾフの妹

      高野史緒著 「カラマーゾフの妹」読了♪ 2013.8.11

東野圭吾著 「プラチナデータ
      東野圭吾著「プラチナデータ」 読了♪ 2010.11.17
      

人格をいくつも持っているために、周囲に与える影響というものが大きい
それが、ストーリーの要になっていますね。

実際の多重人格者に会うことはまずないけど
小説の題材にはなりやすい、ってことですね~


前半は、興味深く読み進みましたが、
最後の方は、血なまぐさく、駆け足で終わって
物足りなさが残る作品でした。


いよいよ、2013年話題の、本屋大賞グランプリ受賞
百田尚樹著 「海賊とよばれた男」上下2巻に挑戦!


      35b80723.jpg