happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

有川浩著「県庁おもてなし課」読了♪

有川浩著「県庁おもてなし課」を読みました♪

      0eb33e6c.jpg

  

有川浩さんの作品を読むのは、
空飛ぶ広報室、三匹のおっさんに続いて今年三冊目~♪

5月11日に封切られた 映画「県庁おもてなし課」の原作本です♪


有川さんは、登場人物の描き方がうまいな~といつも思います。
「キャラが立つ」という言い回しがありますが、
まさにそんな感じ。

県庁おもてなし課」も、登場人物がいきいきと描き出されて
読んでいて本当に楽しいです♪♪

今回は高知が舞台ということもあり、
高知弁が「県庁おもてなし課ワールド」に血を通わせていました。

坂本龍馬を描くドラマでよく耳にするき、慣れちょるけんど、
一冊まるまる高知弁読んどると、真似しとうなりゆう。



ネタバレあります 
映画のキャストを知りたくない方も ご注意ください。




作品の舞台の高知県庁には、本当に
「おもてなし課」があるそうです。


この作品、高知県出身の著者・有川浩さんの
体験に基いて書かれています。

その体験とは…

高知県のおもてなし課に観光特使を依頼された有川浩さん。
有川さんに観光特使として名刺を配る事を頼んでおきながら、
その後1ヶ月以上音沙汰なしで放置。

1ヶ月たっても、名刺のデザインすら出来てなかったことに
呆れ、オドロキ、その、民間との時間感覚のズレにイライラ neko_iraira.gif

というのを逆手にとって 本のネタにしちゃう作家魂、天晴!!

高知を舞台にした小説を書くことが、貢献につながる、と
この経緯小説を小説にされたのです。


お話は…


高知県では、観光客誘致のための策を練っていた。
高知県出身の著名人を観光特使に任命し、
高知県の良さをアピールし、高知へ足を運んでもらおうという作戦。

高知県出身の売れっ子作家・吉門蕎介に観光特使に任命したのはいいが
そこは、「お役所仕事」。
任命してから1ヶ月も音沙汰なしに、作家から駄目だしを食らう。


この辺り、高知県出身で、実際に観光特使を務めた著者・有川浩さんの
体験がそのまま描かれている部分です。


お役所の中に流れる、時間感覚やコスト意識てのは、
民間人には驚くこともままあります。
そんな、お役所に対してバッサリと辛口に斬るあたりが
小気味いいです。


本文より (*部分)

*県民の皆様の率直な意見は…「お役所仕事やにゃあ」

*失礼ですけど、県庁の人には県庁の驕りがあると思います。

お役所仕事 → コトバンク お役所仕事
形式主義に流れ,
不親切で非能率的な役所の仕事振りを非難していう語。
 by コトバンク


*「それこそ意識の部分だよ。行政は変化を嫌う。
特に地方は保守的だ。
現状を維持できたらいいって感覚のままじわじわジリ貧に
なっていることに気づかない。」

*「公のものだから競争がないっていうのは幻想だし甘えだよ。」

作家・吉門喬介(=有川浩さん)の言葉です。


なかなか厳しいお言葉が並んでいますね!
県庁職員、耳痛い?


かつて県庁の観光部職員で、パンダ誘致論を唱えた清遠は
斬新さ故に疎んじられ、閑職に追いやられ…
失意のうちに県庁を去ることになったのだった。

その清遠に接触を促したのが誰あろう、吉門蕎介。
実は、吉門と、清遠は…


おもてなし課の掛水と、自由な民間感覚を持った
アルバイト女性の多紀が、
吉門や、清遠のアドバイスのもと
高知県レジャーランド構想の実現に向けて奮闘する。


高知県の観光スポットをめぐる二人とともに
私たち読者も、
想像の翼に乗って高知県の観光地を鳥瞰し、思いを馳せ
すっかり、行ったような気にさせられるのでした。


二組の男女の恋心や、清遠と吉門との縁なども興味深く読みましたが
なにより、おもてなし課・掛水くんの成長ぶりがスゴイ!
でも、意識改革やおもてなし課として頑張れたのも、
多紀ちゃんがいたからこそ!

楽しくて、ほのぼの、今日のお天気のように読後感爽やかな1冊。
オススメです!


この本を読んで、高知に行きたくなったっていう方が多いとか。

まさに、有川浩さんの狙い通りですね♪

映画も制作、公開されて、今年の夏は…?
高知県庁、期待にウハウハ?? 

巻末特別企画の対談が、小説とリンクしていて面白いです♪
「物語が地方を元気にする!?」
高知県庁おもてなし課 VS 
食環境ジャーナリスト・金丸弘美氏 VS 有川浩さんの鼎談)


ここから映画キャストネタバレ ↓












私は、最初に気になって、映画のHPを観てしまったために
読みながらも、頭の中で動くのは、主要キャストが映画のまま。
失敗した~ 観なきゃよかった orz

主人公の二人、関ジャニ∞錦戸亮くんと、
表情筋をうごかさない女優・堀北真希ちゃんで変換されていました。

もっと想像力を膨らませて読みたかったな、と映画のHPを見たことを反省。

作家・吉門喬介に若手二枚目俳優・高良健吾さん。
もう、喋ってるところが目に浮かぶ!!ってくらいはまり役!!
清遠さんに、2時間ドラマの帝王・船越英一郎さんも、良い感じ。

映画公開当初の週末は、人気第三位だったようですよ