⚠️ 基本ネタバレしております。ご注意ください。

その他

井上真偽著『アリアドネの声』読了|手に汗握る展開で一気読み!ラストは感涙《ネタバレなし》

昨年8月26日の新聞に大きな広告が出ていた『アリアドネの声』。 新聞広告のキャッチーな言葉が私の心を鷲掴み! 書店、SNSで話題騒然、全国から絶賛の声! 胸を刺す衝撃の長編ミステリー 二度読み必至の超どんでん返し! 続々重版5刷 『アリアドネの声』新聞…

川口俊和著『やさしさを忘れぬうちに』コーヒーが冷めないうちにシリーズ第5弾

2024年に読んだ本、4冊目は、川口俊和著『やさしさを忘れぬうちに』。 シリーズ累計370万部突破! 「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和さんの『コーヒーが冷めないうちに』のシリーズ本、第5弾。 Amazon★4.5 ★5=70% 『コーヒーが冷めないうちに』 …

葉真中顕著『ロング・アフタヌーン』|編集者の人生と作家の私小説が重なっていく…

2024年に読んだ本、3冊目は、葉真中顕著『ロング・アフタヌーン』です。 こちらは、インスタでフォローしている方が紹介されていた本。 読んだことのない作家さんなので、読んでみようと図書館で借りていました。 Amazon★4.2 ★5=58% 2022年3月9日発売 編集…

【読書総括】2023年に読んだ本、全37冊 心に残ったベスト3は…♪

遅ればせながら、2023年読書総括です。 2024年、年が明けて1月も半ばを過ぎてしまいました。 昨年56冊、今年37冊、昨年より20冊も少ないわ ^^; 今年はよく旅行に出かけたので、旅行中はもちろん、帰ってきてからのブログ書くにも、随分時間取られて読書捗…

【読書総括】2022年読んだ本 全56冊 ワタシ的ベスト5発表〜♪

2022年に読んだ本、全56冊 1 生還者 下村敦史 2 心淋し川 西條奈加 3 花束は毒 織守きょうや 4 青嵐の坂 葉室麟 5 ミカエルの鼓動 柚月裕子 6 鎌倉うずまき案内所 青山美智子 7 さいはての彼女 原田マハ 8 骨を彩る 彩瀬まる 9 冷たい檻 伊岡瞬 10 赤と青と…

やっぱり騙された~!!|織守きょうや著「花束は毒」

きっとあなたも騙される。 新聞広告に、 罠、また罠。100%騙される、戦慄ミステリー! のフレーズが踊っていました。 100%騙される?? 私も騙されるのかしら? ハイ、きっちり騙されました ^^; ネタバレすると面白くなくなるので詳しくは書けないのが残…

2021年読んだ本=39冊 原田マハ4作品、伊吹有喜5作品 マイベスト発表!

自分用の読書記録を綴る拙ブログをご覧いただきありがとうございます。 いよいよ2021年もあと少し。 2021年に読んだ本 39作品を記録しておきます。 原田マハさんの作品、伊吹有喜さんの作品が好きです 聖マルコ殺人事件 塩野七生 灯台からの響き 宮本輝 メー…

宮本輝著「灯台からの響き」読了

宮本輝さんの著作を読むのは初めてでした この本を図書館に予約したのは、昨年の9月22日でした。 新聞広告には、芥川賞受賞(76‐100回)作家部門で amazonランキング1位(2020/9/8)を獲得していた本です。 本の間から見つかった、妻宛ての古いハガキ。差出人…

2020年読書総括|心に残ったマイ・ベスト3

2021年 あけましておめでとうございます! 2020年、コロナ禍で世界中が混乱した 後世に語り継がれる一年でした。 感染拡大を防ぐためにお家時間が増えた方も多かったと思います。 あぁそれなのに、私の読書は昨年よりも減ってしまったのです。 図書館の休館…

笹生那実著「薔薇はシュラバで生まれる」を読みました

図書館で借りてみたら、漫画だった… 半年ほど前に美容院で雑誌を読んでいたら、巻末あたりの新刊紹介のコーナーに、こちらの本が紹介されていました。 薔薇はシュラバで生まれる 【70年代少女漫画アシスタント奮戦記】 面白そうなので 図書館に予約していて……

新年のご挨拶&2019年読んだ本一覧

あけましておめでとうございます! ランキングバナーも貼っていないので 訪問してくださる方もとっても少ないこちらのブログにようこそ!! 自分の感じたままの感想を書いております。 ネタバレいっぱいありますが 興味がおありでしたらご覧くださいませ。 …

2019年に読んだ本一覧

2019年も 残すところ2週間になりましたね。 そろそろ総括の時期ですが 今日は表紙のみUPします♪ 一覧表と一言感想はまた後日UPします。 全部で38冊読みましたが 葉室麟著 散り椿、窪美澄著 じっと手を見る、角田光代著 坂の途中の家の3冊は読了しました 感想…

本屋大賞2019 決定!!

4月9日 本屋大賞2019 決定しました!! そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ ひと 小野寺史宜 ベルリンは晴れているか 深緑野分 熱帯 森見登美彦 ある男 平野啓一郎 さざなみのよる 木皿泉 愛なき世界 三浦しをん ひとつむぎの手 知念実希人 火のないところ…

2018年に読んだ本まとめ どーでもいいw

12月も中旬。今年も1年の総括の時期になってきましたね。今年の流行語大賞が発表され 本日、今年の漢字が「災」と発表になりました。私もできるところから コツコツと 総括しとこっと!というわけで、これは 私の自分用の自己満記録ですので ほっといてくだ…

【本屋大賞】村山早紀著「百貨の魔法」読了♪

2018年本屋大賞 9位の作品 村山早紀著 百貨の魔法を読みました。 本の帯には、 「時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。 エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、 テナントのスタッフ…

タンゴ・イン・ザ・ダーク 読了♪

先日読み終えた「リーチ先生」がサクサク読めたとは言え かなりのボリュームで、ちょっと脳味噌が疲れた・・・ 今日 「タンゴ・イン・ザ・ダーク」読み終えました。 借りた日が近かったから 返却期限も近くて大変、大変 第33回太宰治賞 受賞作 193ページ、ラ…

2017年 読書総括♪

今週は 宝塚月組の集合日があるから もしかしたら 退団者が出るかもしれないし、 雪組の「誠の群像」の画像出たけど 「義経妖狐夢幻桜」がまだだから そろそろ出るかもしれないし 文化庁芸術祭賞に 宙組「神々の土地」(関東の部)と 星組「ベルリン、わが愛…

「終電の神様」読みました♪

阿川大樹著 「終電の神様」を読みました。 新聞広告で 泣ける小説みたいに宣伝してたので図書館に予約してました。 じんわりくるのもあれば、はぁ???ってのもあって ん~ ちょっと…いや だいぶ期待はずれ。 以前 「ディズニー サービスの神様が教えてくれ…

「星に願いを、そして手を。」 読了♪

第29回小説すばる新人賞受賞作品 「星に願いを、そして手を。」を読みました。 著者は2000年生まれの高校生。 小説すばる新人賞 最年少記録更新! 将棋の藤井聡太四段もすごいけど 文学界にもすごい若者がいました♪ まだ 人生経験の浅い著者が よくぞここま…

上流階級 富久丸百貨店外商部 読了♪

高殿円著 上流階級 富久丸百貨店外商部 読みました♪ 面白かった~~~! 画像は 出版元 光文社様よりお借りしています。 爽快エンターテイメント と本の帯にある通りです! 百貨店外商部員から見た 阪神間の高級住宅地に住む 上流階級の人たちを描きつつ 外…

話題の絵本「えんとつ町のプペル」を読みました♪

昨年末にマスコミに大きく取り上げられていたお笑いコンビ キングコングの西野亮廣さんの絵本えんとつ町のプペル を読みました。 紙モノは、なるべく買わないようにしているのですが話題の、細かいところまで描きこまれた「絵」を見てみたい、と年末にAmazon…

今頃2015年 読書総括、鬼が…泣く?

気づけば、あっという間に今年も2ヶ月が終わろうとしています。 昨年末から、なんだかバタバタしてて 読書ネタをUPしきれずにほったらかしてた 2015年の読書総括 なんか気持ち悪いので 今更ですがUPしときます。 ◆2015年 読書記録 順不同 っていうか 図書館…

本屋大賞2015 「鹿の王」必死で読了…

本屋大賞2015 「鹿の王」を読みました。分厚い上下巻モノを読む前には 本当に読み切るのか?とその決意があるのか?と自問します。上巻 568ページ 下巻 560ページ 下巻は疲れました~。強大な帝国にのまれていく故郷を守るため、死を求め戦う戦士団<独角>。…

重松清著 流星ワゴン 読了

何かに追い詰められたり 人生に疲れた時 フッといなくなったら楽になるかな?と人は思う。 主人公も、会社帰りに最寄り駅の駅前のロータリーで ふっとそんなエアポケットに落ちた時、すーっと1台のワゴンが、来て中へ誘います。 その車は、ドラえもんのタイ…

本屋大賞2015決定♪

本屋大賞2015が決定しましたね~♪グランプリ 鹿の王 (画像は本屋大賞HPよりお借りしています 下記リンク参照ください)メルヘンチックでロールプレイングゲームの世界みたいな印象著者の上橋菜穂子さんは もともと児童文学のご出身とか。何かで書評読んだ時…

2014年の読書を振り返って♪

2014年の読書のまとめ (自分の記録用記事です) 主に、本屋大賞作品と 新聞等の書評で興味を持った作品を読んでいます。 読了 全20冊 *ブログ記事 (記事掲載順) 1浦賀和宏著 「彼女は存在しない」 2百田尚樹著 「海賊と呼ばれた男」 2013年本屋大賞 3小…

長江俊和著 「出版禁止」読了♪

今年の9月7日の新聞広告。 あの「放送禁止」の監督は、小説書いてもすごかった。 こんなに何度も「驚愕」出来る本、滅多にないです。 このキャッチコピーにやられて「出版禁止」 図書館に予約してました。 私は知らなかったのですが、フジテレビ系列で放送さ…

いとうせいこう著 「想像ラジオ」  読了♪

スーパータイフーンが列島を通過中ですが いかがお過ごしでしょうか? 今日はヅカブログ友達とランチの予定を 急遽キャンセルして おうちでのそのそしておりました。 ここんとこ ヅカネタ連投!!! 今日は、箸休め的?記事を。 2014年 本屋大賞第8位 いとう…

木皿泉著 「昨夜のカレー、明日のパン」 読了♪

2014年本屋大賞 2位 木皿泉著 「昨夜のカレー、明日のパン」を読みました。 本屋大賞にノミネートされた頃に図書館に予約していてようやく回ってきました。本屋大賞では、話題の「村上海賊の娘」に次ぐ2位。タイトルから、内容が想像つかなかったけど、若く…

岩城けい著 「さようならオレンジ」 読了♪

岩城けい著 「さようなら、オレンジ」を読みました 。 新聞や文芸評などでこの作品名をよく目にすると思ったら 第29回太宰治賞受賞作にして 本屋大賞受賞作 2014年 本屋大賞4位 (画像はamazonよりお借りしています) 『異郷で言葉が伝わること―― それは生き…