happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

その他

話題の新書 「妻のトリセツ」を読みました

巷で話題の 「妻のトリセツ」(黒川伊保子著)を読んでみました。私は、新聞広告を見て、面白そう!と図書館に予約していました。新聞広告には、夫は感謝! 妻は納得。全国のご家庭から共感のことばが届いています。テレビ各局で大反響!ザワつく!金曜日、…

前田裕二著「メモの魔力」を読みました

以前 新聞広告にデカデカと出ていた 「メモの魔力」を読みました。メモを取ることによって 見えてくるものがあったり 頭の中を整理したり いろんな気付きがありますが著者は それを仕事に活かし メモ、というかノートを見開きで使って 左から右へとちょっと…

本屋大賞2019 決定!!

4月9日 本屋大賞2019 決定しました!! そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ ひと 小野寺史宜 ベルリンは晴れているか 深緑野分 熱帯 森見登美彦 ある男 平野啓一郎 さざなみのよる 木皿泉 愛なき世界 三浦しをん ひとつむぎの手 知念実希人 火のないところ…

記憶に残る平成の直木賞作品

…というタイトルの記事が 朝日新聞の土曜版be (2019年1月12日付け)に出てました。新しい元号も「令和」と決まり 平成を振り返る番組がワイドショーなどで流れていますね。平成と言う時代に どんな エンターテイメント性のある作品が読まれたのか。記事にな…

吉田修一著 ウォーターゲーム 読了♪

平成30年5月26日の新聞広告に出ていた ウォーターゲーム。広告には、震えるほどの圧倒的展開、度肝を抜く大どんでん返し。ハリウッド映画を凌駕する超絶スパイ・エンターテイメント、誕生!この一文読んだら、ワクワクしてしまって…図書館で探したらあったか…

2018年に読んだ本まとめ どーでもいいw

12月も中旬。 今年も1年の総括の時期になってきましたね。 今年の流行語大賞が発表され 本日、今年の漢字が「災」と発表になりました。 私もできるところから コツコツと 総括しとこっと! というわけで、これは 私の自分用の自己満記録ですので ほっといて…

中山七里著 護られなかった者たちへ 読了

いつも読ませて頂いてるブログで紹介されていた 中山七里著「護られなかった者たちへ」を読みました。重いテーマでした。本の帯の言葉胸中に去来するのは、怒りか 哀しみか 葛藤か 正義か。その全てを感じました。骨太の本格社会派ミステリー小説。(本の帯…

「皇妃エリザベート 永遠の美」を読みました

美しき皇妃エリザベート 「エリザベート」、現在 宝塚大劇場で月組が公演中です。 宝塚ファン、ミュージカルファンに人気の演目ですね。素晴らしい楽曲に魅了されますが、タイトルロールのエリザベートの波乱に満ちた生涯がドラマチックに描かれてストーリー…

【本屋大賞】村山早紀著「百貨の魔法」読了♪

2018年本屋大賞 9位の作品 村山早紀著 百貨の魔法を読みました。 本の帯には、 「時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。 エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、 テナントのスタッフ…

タンゴ・イン・ザ・ダーク 読了♪

先日読み終えた「リーチ先生」がサクサク読めたとは言え かなりのボリュームで、ちょっと脳味噌が疲れた・・・ 今日 「タンゴ・イン・ザ・ダーク」読み終えました。 借りた日が近かったから 返却期限も近くて大変、大変 第33回太宰治賞 受賞作 193ページ、ラ…

2017年 読書総括♪

今週は 宝塚月組の集合日があるから もしかしたら 退団者が出るかもしれないし、 雪組の「誠の群像」の画像出たけど 「義経妖狐夢幻桜」がまだだから そろそろ出るかもしれないし 文化庁芸術祭賞に 宙組「神々の土地」(関東の部)と 星組「ベルリン、わが愛…

「終電の神様」読みました♪

阿川大樹著 「終電の神様」を読みました。 新聞広告で 泣ける小説みたいに宣伝してたので図書館に予約してました。 じんわりくるのもあれば、はぁ???ってのもあって ん~ ちょっと…いや だいぶ期待はずれ。 以前 「ディズニー サービスの神様が教えてくれ…

佐藤正午著「月の満ち欠け」読了♪

佐藤正午著「月の満ち欠け」を読みました。 久しぶりに読書ネタUP 読書ネタは 読むのに時間かかるわ、書くのに気を使うわ、 そのくせ アクセス数ダダ下がりの良い事無し。 骨折り損のくたびれ儲けだけど 記録魔故 記しておきます。 第157回直木賞受賞作とい…

「星に願いを、そして手を。」 読了♪

第29回小説すばる新人賞受賞作品 「星に願いを、そして手を。」を読みました。 著者は2000年生まれの高校生。 小説すばる新人賞 最年少記録更新! 将棋の藤井聡太四段もすごいけど 文学界にもすごい若者がいました♪ まだ 人生経験の浅い著者が よくぞここま…

伊岡瞬著「代償」 読みました♪

新聞の広告欄で見つけた 伊岡瞬著「代償」を読みました。 Amazonに記載のBOOKデータベース(本の帯にも) ↓ 平凡な家庭の小学生・圭輔は、ある事故をきっかけに遠縁の同級生・達也と暮らすことになり、一転、不幸な境遇に陥る。 寿人という友人を得て苦境を…

上流階級 富久丸百貨店外商部 読了♪

高殿円著 上流階級 富久丸百貨店外商部 読みました♪ 面白かった~~~! 画像は 出版元 光文社様よりお借りしています。 爽快エンターテイメント と本の帯にある通りです! 百貨店外商部員から見た 阪神間の高級住宅地に住む 上流階級の人たちを描きつつ 外…

話題の絵本「えんとつ町のプペル」を読みました♪

昨年末にマスコミに大きく取り上げられていた お笑いコンビ キングコングの西野亮廣さんの絵本 えんとつ町のプペル を読みました。 紙モノは、なるべく買わないようにしているのですが 話題の、細かいところまで描きこまれた「絵」を見てみたい、と 年末にAm…

今頃2015年 読書総括、鬼が…泣く?

気づけば、あっという間に今年も2ヶ月が終わろうとしています。 昨年末から、なんだかバタバタしてて 読書ネタをUPしきれずにほったらかしてた 2015年の読書総括 なんか気持ち悪いので 今更ですがUPしときます。 ◆2015年 読書記録 順不同 っていうか 図書館…

2015年 本屋大賞5位 「土漠の花」読了、疲れました〜

2015年本屋大賞5位、月村了衛著「土漠の花」を読みました。 幻冬舎 HPより アフリカ東部ソマリアで海賊対策任務を遂行中の自衛隊のヘリが行方不明に。 捜索に出た男たちは、現地の惨状に、野営を決めます。 そこへ逃げて来た現地の女性3人。 少数民族の生き…

恒川光太郎著 「夜市」 読了♪

恒川光太郎著「夜市」を読みました。 リンクして頂いている 「くちゃちゃとるるっけつ」のcuchiko様が読まれていたので 興味を持ち、私も読んでみました。 第12回日本ホラー小説大賞受賞作 第134回直木賞候補作品 ホラー小説=恐怖、怪奇小説 おどろおどろし…

本屋大賞2015 「鹿の王」必死で読了…

本屋大賞2015 「鹿の王」を読みました。 分厚い上下巻モノを読む前には 本当に読み切るのか?と その決意があるのか?と自問します。 上巻 568ページ 下巻 560ページ 下巻は疲れました~。 強大な帝国にのまれていく故郷を守るため、死を求め戦う戦士団。 そ…

流星ワゴン 読了

何かに追い詰められたり 人生に疲れた時 フッといなくなったら楽になるかな?と人は思う。主人公も、会社帰りに最寄り駅の駅前のロータリーでふっとそんなエアポケットに落ちた時、すーっと1台のワゴンが、来て中へ誘います。その車は、ドラえもんのタイムマ…

本屋大賞2015決定♪

本屋大賞2015が決定しましたね~♪ グランプリ 鹿の王 (画像は本屋大賞HPよりお借りしています 下記リンク参照ください) メルヘンチックで ロールプレイングゲームの世界みたいな印象 著者の上橋菜穂子さんは もともと児童文学のご出身とか。 何かで書評読…

テロリストのパラソル

何かの記事で 江戸川乱歩賞と直木賞を同時受賞した作品は 小説界においてこの1冊のみ!と知り読んでみたくなりました。1969年の東大安田講堂事件の頃の事件が発端で、その20年後に起きた事件で 主人公の運命の歯車が大きく動き出すのでした。この本の発行日…

2014年の読書を振り返って♪

2014年の読書のまとめ (自分の記録用記事です) 主に、本屋大賞作品と 新聞等の書評で興味を持った作品を読んでいます。 読了 全20冊 *ブログ記事 (記事掲載順) 1浦賀和宏著 「彼女は存在しない」 2百田尚樹著 「海賊と呼ばれた男」 2013年本屋大賞 3小…

長江俊和著 「出版禁止」読了♪

今年の9月7日の新聞広告。 あの「放送禁止」の監督は、小説書いてもすごかった。 こんなに何度も「驚愕」出来る本、滅多にないです。 このキャッチコピーにやられて「出版禁止」 図書館に予約してました。 私は知らなかったのですが、フジテレビ系列で放送さ…

いとうせいこう著 「想像ラジオ」  読了♪

スーパータイフーンが列島を通過中ですが いかがお過ごしでしょうか? 今日はヅカブログ友達とランチの予定を 急遽キャンセルして おうちでのそのそしておりました。 ここんとこ ヅカネタ連投!!! 今日は、箸休め的?記事を。 2014年 本屋大賞第8位 いとう…

木皿泉著 「昨夜のカレー、明日のパン」 読了♪

2014年本屋大賞 2位 木皿泉著 「昨夜のカレー、明日のパン」を読みました。 本屋大賞にノミネートされた頃に図書館に予約していて ようやく回ってきました。 本屋大賞では、話題の「村上海賊の娘」に次ぐ2位。 タイトルから、内容が想像つかなかったけど、 …

岩城けい著 「さようならオレンジ」 読了♪

岩城けい著 「さようなら、オレンジ」を読みました 。 新聞や文芸評などでこの作品名をよく目にすると思ったら 第29回太宰治賞受賞作にして 本屋大賞受賞作 2014年 本屋大賞4位 (画像はamazonよりお借りしています) 『異郷で言葉が伝わること―― それは生き…

泡坂妻夫著 「しあわせの書」 読了♪

泡坂妻夫著 「しあわせの書 迷探偵ヨギガンジーの心霊術」 読みました。 2013年12月8日付 朝日新聞日曜日の読書のページ 「売れてる本」に紹介されていたこの本。 2013年11月5日にNHKラジオ「ラジオ深夜便」で紹介直後 amazonで総合第一位に踊りでたそうです…