⚠️ 基本ネタバレしております。ご注意ください。

【芥川賞】村田沙耶香著『コンビニ人間』|「普通」になれない主人公がみつけた生き方

2016年・第155回芥川賞受賞作『コンビニ人間』、読みました。 目次: 内容紹介 普通ではない自分を殺して、息を潜めて生きてきた子供時代 コンビニ店員として社会に組み込まれることで安心する 「普通の女性」は結婚するもの? 白羽との出会いと利害一致の同…

井上真偽著『アリアドネの声』読了|手に汗握る展開で一気読み!ラストは感涙《ネタバレなし》

昨年8月26日の新聞に大きな広告が出ていた『アリアドネの声』。 新聞広告のキャッチーな言葉が私の心を鷲掴み! 書店、SNSで話題騒然、全国から絶賛の声! 胸を刺す衝撃の長編ミステリー 二度読み必至の超どんでん返し! 続々重版5刷 『アリアドネの声』新聞…

ディケンズ著『大いなる遺産』|ピップの波乱万丈の人生、壮大なドラマを読まされた

宝塚歌劇で上演が決まった『夜明けの光芒』。 この作品の原作がチャールズ・ディケンズ著『大いなる遺産』という事なので、読んでみました。 上下巻の長編で、読みきれるか=最後まで読み通す根気があるか、試される小説なので、読む前にちょっと怯みました …

【本屋大賞2023 候補作】本屋大賞6位 小川哲著『君のクイズ』読了

本屋大賞受賞作・候補作、直木賞受賞作・候補作を中心に読んでいます。 本屋大賞2023、6位に入った小川哲著『君のクイズ』。 Amazon★4 ★5=41% あの、作家の伊坂幸太郎さんが、 「頼まれてもいないのに「推薦コメントを書かせて!」とお願いしてしまいまし…

【本屋大賞2024】は『成瀬は天下をとりに行く』|著者は元ヅカブロガー 宮島ムーさん♪

本日4月10日は、本屋大賞2024の発表日。 待ちに待った、大賞発表は… 目次: 発売当初から、大変な話題でした 著者の宮島未奈さんは、ヅカブロガーだった 新潮社のR−18 文学賞は、女流作家の登竜門 宮島未奈著『成瀬は天下をとりに行く』が受賞しました。 宮…

齋藤彩著『母という呪縛 娘という牢獄』|教育虐待が招いた悲しい結末

これが実話だなんて…読んでいて本当に苦しかった 殺人事件、とりわけ尊属殺人は、被害者である親、祖父母などに同情が集まりがちです。 人を殺すことは絶対にあってはいけないことですが、こと、この著書の元になっている事件、 「滋賀医科大学生母親殺害事…

綿矢りさ著『嫌いなら呼ぶなよ』|ブラック味のあるリアルな会話に笑う

芥川賞作家、綿矢りささんの著作を初めて読みました 『蹴りたい背中』で2003年、第130回芥川龍之介賞を受賞されました。 初々しく可愛くて、鮮明に覚えています。 当時まだ学生で、芥川賞の最年少受賞記録を更新した綿矢りささん。 あれから21年、結婚して一…

桜木紫乃著『ヒロイン』読了|巻き込まれ女の逃亡劇、読まされました

昨年10月、好書好日というサイトの文芸欄で紹介されていた本です。 ⚠️ネタバレあります、未読の方はご注意ください Amazon★4.1 5=54% 2023年9月15日発売 世間を震撼させた白昼のテロ事件から17年。名を変え他人になりすまし、"無実"の彼女はなぜ逃げ続けた…

藤岡陽子著『きのうのオレンジ』|本屋大賞をあげたい感動作!

何の本だったか忘れましたが、Amazonで本を検索していた時に、こちらもおススメとして、藤岡陽子さんの作品がいくつか紹介されていました。 図書館に予約した本は当分届きそうにないので、書架にある藤岡陽子さんの本を借りてきました。 それが『きのうのオ…

【寺地はるな】『ミナトホテルの裏庭には』人と人とのつながりが温かいほっこりストーリー

寺地はるなさんの、心温まる、時々くすっと笑えるすてきな物語に出会いました 芯と篤彦をとりまく物語『咲くのは花だけではない』と 篤彦の母・陽子のモノローグ『手の中にある』 芯の元同僚、花岡の過去『魔法なんてここにはない』 の3話が収められています…

川口俊和著『やさしさを忘れぬうちに』コーヒーが冷めないうちにシリーズ第5弾

2024年に読んだ本、4冊目は、川口俊和著『やさしさを忘れぬうちに』。 シリーズ累計370万部突破! 「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和さんの『コーヒーが冷めないうちに』のシリーズ本、第5弾。 Amazon★4.5 ★5=70% 『コーヒーが冷めないうちに』 …

葉真中顕著『ロング・アフタヌーン』|編集者の人生と作家の私小説が重なっていく…

2024年に読んだ本、3冊目は、葉真中顕著『ロング・アフタヌーン』です。 こちらは、インスタでフォローしている方が紹介されていた本。 読んだことのない作家さんなので、読んでみようと図書館で借りていました。 Amazon★4.2 ★5=58% 2022年3月9日発売 編集…

河﨑秋子著『絞め殺しの樹』|読むのがヘビーな希望を見い出せない小説

『ともぐい』で直木賞を受賞した河﨑秋子さんの著書『絞め殺しの樹』 タイトルが強すぎる…ホラーかと思いました。 Amazon★4.2 ★5=50% 今年1月17日に発表された第170回直木賞に選ばれたのは、河﨑秋子さんの『ともぐい』でした。 己は人間のなりをした何もの…

【青山美智子】2024年1冊目は『月の立つ林で』|最終章で登場人物が皆つながって感動のオチ

月がテーマの連作短編集、ラストへの立ち上がりが素晴らしい 2024年読書、1冊目は、大好きな青山美智子さんの作品。 本屋大賞5位です。 目次: 月がテーマの連作短編集、ラストへの立ち上がりが素晴らしい 5編からなり、最終章で見事に繋がるプロットに拍手 …

【読書総括】2023年に読んだ本、全37冊 心に残ったベスト3は…♪

遅ればせながら、2023年読書総括です。 2024年、年が明けて1月も半ばを過ぎてしまいました。 昨年56冊、今年37冊、昨年より20冊も少ないわ ^^; 今年はよく旅行に出かけたので、旅行中はもちろん、帰ってきてからのブログ書くにも、随分時間取られて読書捗…

【髙田郁】『ふるさと銀河線』鉄道にまつわる9編がおさめられた短編集

2024年1月1日 神田明神にて撮影 あけましておめでとうございます。 いつもご訪問ありがとうございます。 読書のペースが遅く、更新頻度が低いこのブログですが、今年も読書記録として綴っていこうと思います。 時々覗いていただければ嬉しいです♪ さて、読書…

【直木賞・山本周五郎賞受賞】永井紗耶子著『木挽町のあだ討ち』

直木賞受賞作、候補作は読もうと思ってるので、いつもノミネートされた時点で図書館に予約しています。 『木挽町のあだ討ち』は、直木賞受賞が発表される直前に予約したので150人待ちぐらいでしたが、今は500人以上の方が予約待ちです。 Amazonの評価も、6割…

【瀧羽麻子】『うさぎパン』

瀧羽麻子さんの作品は『もどかしいほど静かなオルゴール店』を読んだのが初めてでした。 とてもあたたかく穏やかな空気の流れている物語に魅了され、他の作品も読んでみることに。 Amazon ★4.1 ★5=55% 目次: 瀧羽麻子さんのデビュー作『うさぎパン』を読み…

【中山七里】どんでん返しの帝王、そう来たか、な『さよならドビュッシー』

中山七里さんの作品を読むのは4作品目です。 どんでん返しの帝王、の異名をとる中山七里さん。 中山七里さんのデビュー作が『さよならドビュッシー』です。 Amazon★4.2 ★5=49% デビュー作にして、第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作されています。…

瀧羽麻子著『もどかしいほど静かなオルゴール店』

瀧羽麻子さん、初めて読む作家さんですが、温かくてほっこりする作品 『ありえないほどうるさいオルゴール店』が1作目で、『もどかしいほど静かなオルゴール店』は2作目です。 またまた、2作目から読んでしまいました。 Amazon★4.3 ★5=63% あなたの心で鳴っ…

【芥川賞】高瀬隼子著『おいしいごはんが食べられますように』読了

久しぶりに芥川賞受賞作を読みました。 芥川賞は、純文学に与えられる賞故か、何が面白いのかわからない作品が多く^^; 好みの作品が少ないのですが… この作品は面白い!! Amazon ★3.8 ★5=37% 「二谷さん、わたしと一緒に、芦川さんにいじわるしませんか…

成田名璃子著『今日は心のおそうじ日和2』読了

お出かけに連れていける、軽く読める文庫本を、と、以前読んだ『東京すみっこごはん』の著者、成田名璃子さんの作品から、 『今日は心のおそうじ日和2』を選んで借りました。 いきなり、『2』だけど気にしないw Amazon ★4.3 ★5=54% 目次: 四章から成るお…

小手鞠るい著『天使の子』|実話をベースに書かれた小説

小手鞠るい著『天使の子』を読みました。 小説そのものは、とても読みやすく、192ページ 前半は恋愛小説の醍醐味、後半は謎解きというか、ミステリー味があって、先へ先へと読まされました。 この本の内容愛することは受け入れること――。28歳わたしがアメリ…

【中島京子】『夢見る帝国図書館』読了

どのような本を読むのか、その基準は人それぞれですが、 私は、本屋大賞ノミネート・受賞作、直木賞ノミネート・受賞作を中心に読んでいます。 そして、受賞・ノミネート作家さんの著書を読んでいくことが多いです。 読みたい本を選んで、Amazonのサイトであ…

【辻村深月】『嘘つきジェンガ』読了|詐欺にまつわるお話3編

全284ページ、読み始めたら面白くあっという間に読めました。 振り込め詐欺、オレオレ詐欺、国際ロマンス詐欺…いろんな詐欺がニュースを賑わせていますが… この本に収められた詐欺のお話、どれも最後はほっこりと温かい気持ちになれる、主人公にエールをおく…

中野信子著『エレガントな毒の吐き方』|あまりにもキャッチーなタイトルに興味津々

キャッチーなタイトルに惹かれて読んでみました 『エレガントな毒の吐き方』、インスタの読書アカウントからたくさん読んだ報告が上がっていたので、私も図書館に予約していました。 その時点から、Amazonの★の評価がいまひとつ。 まぁ、こんなものか、の★3…

【中山七里】『夜がどれほど暗くても』|どんでん返しの帝王のパンチ弱め

胸のすく「どんでん返し」がお約束の中山七里さん 中山七里さんの著作は「護られなかった者たちへ」「死にゆく者の祈り」を読みました。 今回が3作目です。 志賀倫成は、大手出版社の雑誌『週刊春潮』の副編集長。スキャンダル記事に自負を持ち、充実した編…

【一穂ミチ】【本屋大賞・直木賞候補】『光のとこにいてね』|惹かれ合う二人の運命

本屋大賞3位、一穂ミチ著『光のとこにいてね』を読みました Amazon★4.3 ★5=56% 目次: 本屋大賞3位、一穂ミチ著『光のとこにいてね』を読みました 家庭環境が全く違う二人の共通点は、母親で苦労しているところ まさかの再会! 結珠の通う私立高校に果遠が…

【森沢明夫】『キッチン風見鶏』|洋食屋が舞台のほのぼのとした人間ドラマ!

昨年、『エミリの小さい包丁』で森沢明夫作品に出会って、森沢明夫さんの温かい作風に触れ、ファンになりました。 優しい人達がゆるく繋がってほっこり、癒やされます。 更に! ここ大事!! 心に残る素敵な言葉、人生を生き抜く上で参考にしたい文章が散り…

【直木賞受賞】千早茜著『しろがねの葉』|石見銀山を舞台に一人の女性の生き様を描ききった秀作

いや〜、読みごたえありました!! 最初から最後まで銀掘りの山に生きる「ウメ」の壮絶な人生。 千早茜さんの作品は初めてですが、筆力申し分なし♪ Amazon★4.3 ★5=61% 戦国末期、シルバーラッシュに沸く石見銀山。天才山師・喜兵衛に拾われた少女ウメは、…