⚠️ 基本ネタバレしております。ご注意ください。

青山美智子

【青山美智子】『リカバリーカバヒコ』本屋大賞2024 第7位、心温まる5編

じわ〜っと温かい気持ちになる青山美智子さんの作品。 久しぶりに出会いました、本屋大賞7位の『リカバリー・カバヒコ』 タイトルを初めて見た時、カバヒコ? 何?ってなったのですが… 日の出公園に置いてあるカバのアニマルライド、人呼んで「リカバリー カ…

【青山美智子】2024年1冊目は『月の立つ林で』|最終章で登場人物が皆つながって感動のオチ

月がテーマの連作短編集、ラストへの立ち上がりが素晴らしい 2024年読書、1冊目は、大好きな青山美智子さんの作品。 本屋大賞5位です。 目次: 月がテーマの連作短編集、ラストへの立ち上がりが素晴らしい 5編からなり、最終章で見事に繋がるプロットに拍手 …

【青山美智子】『猫のお告げは樹の下で』読了|悩める人だけが出会える猫のお告げ

2023年14冊目、青山美智子著『猫のお告げは樹の下で』読了 友人オススメの作品です。 青山美智子さんの作品は、迷ったり、悩んだりする人が前に進める言葉が出てきます。 書き留めておきたいようなキラリと光るフレーズ。 今回は…タラヨウの木の葉にヒントと…

【青山美智子】『木曜日にはココアを』|人間関係が見事につながる連作短編集

温かくて優しい気持ちになれる、青山美智子さんの著書 友人おすすめの一冊。 Amazon ★4.4 (★5 62%) Amazonでは1124個の評価が付いていて高評価。 211ページに12のお話が収められている連作短編集 木曜日にはココアを Brown/Tokyo きまじめな卵焼き Yellow…

【青山美智子】赤と青とエスキース|1枚のエスキースと2人の物語

2022年本屋大賞 ノミネート作品、青山美智子著「赤と青とエスキース」を読みました 青山美智子さんの作品は、2021年本屋大賞2位の「お探し物は図書室まで」と、「鎌倉うずまき案内所」を読みました。 どちらも、連作短編集で、日々の生活や人生でちょっとし…

【青山美智子】鎌倉うずまき案内所|読み終わってから、もう一度読みなおすとなお楽しい連作短編集

「平成」という時代を逆行していく物語 6編の短編が収められています。 それぞれ短編としても読み応えありますが、それぞれのお話が繋がっているのが連作短編集の楽しいところ。 さらに、この小説は、時代を逆行しているので、そうか、あの人の若い頃にはこ…

【本屋大賞・2位】青山美智子著「お探し物は図書室まで」|温かい言葉に勇気づけられる作品

青山美智子さん…昨年1月の本屋大賞ノミネートの時に、初めて知りました。 2017年8月、『木曜日にはココアを』(宝島社)で小説家デビューされたとのこと。 全くのノーマークの作家さんでした。 心温まる連作短編集です 一章 朋香 21歳 婦人服販売員 二章 諒 …