happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

宝塚の小ネタ満載「ヅカメン!」読了♪

いつも伺ってるブログのコスモスさんが

紹介されていたので私も「ヅカメン!」読んでみました。

 

     ヅカメン

 

 

著者・宮津大蔵・・・? は、誰??

 

ぐぐってみると、大学教授で、

奥様が元・タカラジェンヌ 真山葉瑠さん。

紫吹淳さん、香寿たつきさんと同期の72期生。

 

なるほど~~~ 元ネタここ?

もちろん 巻末に参考文献がたくさん並んでいるので

かなり宝塚をお勉強されたのでしょうね。

 

サブタイトルが お父ちゃんたちの宝塚。

 

6話収録されていて 月、花、雪・・・と組を連想させるタイトルなので

各組のお父ちゃんのお話かとおもいきや、

お父ちゃんのお話は第一話の「月の番人」がメイン。

受験生のお話(花)や 受験生の家族(雪)、裏方の話(星)と続きますが

最後にみんなつながっていて

受験生は 男役のマリコの話  受験生の家族は男役ミユキの話

一貫して登場するのは、強烈な個性を発散する男役 サンバさん。

 

えっ? ヅカメン!てタイトルだけど 主人公はサンバさん?

いえいえ 各章に登場する男性(メンズ)です♪

 

 

最終章、宝塚は、アメリカ ニューヨーク公演を目指すのですが…

 

第五話の終わり ちえちゃん(柚希礼音)のことが重なるような内容でした♪

 

トニー賞を始め数々の権威ある賞を受賞している大物演出家」が登場するのですが・・・

これって、ハロルド・プリンスさん??

 

タカラヅカのレベルは高い。ダンスだけなら今すぐにでも通用するのが

何人もいる」    (本文より)

 

柚希礼音様ですか??

                

 

 

いろんな角度から 宝塚にアプローチしていて

宝塚というものの全体像が浮かび上がってきて面白かったです♪

 

・・・とここまで、作品の感想。

 

ここからは、私の自分用記録「宝塚トリビア」メモ

 

興味のある方のみどうぞ  ↓ 

 

◆男性が楽屋に入るときは 入り口の最下級生が

「男の方入られます」とコールする。コールしてから出ないと入れない。

 

◆東京公演では 宿舎から劇場まで はとバスで移動する

 

◆大階段の踏み面 23cm。狭いようだけど 安全のため。

つま先で 階段の端を確認できるから 足元を見ずに下りることができるそうです。

 

◆上級生、先生、目上の人に話すときは 必ず

「失礼します、お願いします」を枕詞のように 前につけてから話す。

 

◆男役は たばこを吸って声を潰す、というのは、ないない!

 

宝塚のプロデューサーも 阪急の鉄道、デパート、本社経理、ホテルマン

いろんな方がされるそうです。

主な仕事は 労務と人事。

 

労務は、宿舎や移動の際の切符の手配

人事は、異動や 主に 「肩たたき」  

 

◆外部、とくに海外の演出家・振付家の招聘は、

マンネリを防ぎ レベルアップのため 世界レベルを

身を持って体験するのが目的。

 

◆1950年代終わりにアメリカで公演したが不評に終わった。

TAKARAZUKA OPERA COMPANYという名前で行ったので

オペラではない、と叩かれた

 

◆アメリカでは歌がイマイチとされている。

皆、声量に問題有り ボリューム不足

 

  ↑ 

これ、言わせていただくと、女性なのに無理に低い声を出したり

そんな男役さんの声の一オクターブ高い声を出さなきゃならない娘役。

もともと無理があるんです~~~

   

 

*10年に一度の運動会の綱引きの練習に自衛隊伊丹駐屯地へ!

 

*銀橋の幅は120cm

 

*すみれ売り ロケット だるま ヅカファンならだれでも知ってる言葉が楽しい。

ルマンのサンドイッチ 逆瀬川の串揚げ(テレビ取材で有名になったね)、

あ、ハイハイ、と頷けるのも楽しい。

 

宝塚の各組に阪急出身の「お父ちゃん」と呼ばれる男性がいらっしゃるのは

まだ 雪組でAQUA5が活動していた頃

TBSの番組で 雪組が取材されてて お父ちゃんの存在を紹介していました

 

お父ちゃんは、単語帳に 写真貼って 芸名 愛称を書いて

パラパラめくって 全員を必死で覚えた、とおっしゃってました。

 

私は、お衣装部さんの 早変わりのお手伝いのコツとか

興味深かったです。

 

舞台の上に立つ人よりも 陰で支えている人がなんと多いことか。

 

生徒さんがご挨拶の時 舞台制作スタッフにもお礼を述べてらっしゃるのを

よく耳にしますが、本当に いろんな人の愛が

宝塚を支えているのだな、と感じさせられる一冊でした。

 

ファンなら 一読の価値ありです!