happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

東野圭吾著 「夜明けの街で」 読了♪

                        yoake.jpg

ネタバレあります ご注意ください [emoji:e-1]

東野圭吾が描く 不倫ストーリー。 あら珍しい。

事件の謎解きもさることながら
主人公・渡部と 不倫相手の秋葉との駆け引きが面白い!

頭では、不倫はいけない事、と分かっていて
今まではそういうことをする人間を馬鹿だと思っていたのに・・・
自分がその立場になってしまうなんて。

渡部がどんどんと深みにはまっていくところが面白いです。
不倫相手の秋葉との心理ゲーム
加速度をつけて堕ちて行くことに・・・。

横浜でデートを重ねる二人。
大黒ふ頭で虹を見るシーンがあり、
これって サザンの「Love Affair 秘密のデート」 だ [emoji:e-77]
って思ったら 
wikiに この曲に感化されて書いた作品だとある。
にゃるほど




秋葉の抱える「過去」
そこに漂う怪しい空気
彼女はその事件にどのように関わっているのか?
時効目前のその事件に刑事たちも動いている。

もし彼女が殺人者でも自分は愛することができるのか、
今の家庭を壊してまで。
自問するも 秋葉を選ぼうとする渡部だが・・・・。

最後・・・びっくりなどんでん返し!! [emoji:e-451]


人間、そんなに簡単に割り切れるものなのか?と
疑問も湧きますが・・・。


友人の新谷のアドバイスが深いです。 ↓


赤い糸なんてものは二人で紡いでいくものなんだ
別れずにどちらかの死を看取ったという場合のみそれは完成する 
赤い糸で結ばれてたってことになる。


さすが、東野圭吾さん!


心に残る言葉がある。


映画「夜明けの街で」は、観ていませんが
キャスティングの
主人公・渡部の岸谷五朗さんはともかく、
秋葉の深田恭子さんが イメージ違い。

秋葉はもう少し、クールで凛とした女性のイメージだなぁ・・・

欲を言えば 渡部もちょっとイメージ違う。
「江」の 豊臣秀吉の印象が強くて。 

この映画、当たったんですかね?

キャスティングは重要ですよねー。