happyの読書ノート

読書感想を記録していこうと思います。 故に 基本ネタバレしております。ご注意ください。 更新は、忘れた頃に やって来る …五七五(^^)

本屋大賞2015 「鹿の王」必死で読了…

本屋大賞2015 「鹿の王」を読みました。

分厚い上下巻モノを読む前には 本当に読み切るのか?と
その決意があるのか?と自問します。

上巻 568ページ 下巻 560ページ

       2630da4e.jpg
        ccfae62c.jpg



下巻は疲れました~。

強大な帝国にのまれていく故郷を守るため、死を求め戦う戦士団<独角>。
その頭であったヴァンは、奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。
ある夜、ひと群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。
その隙に逃げ出したヴァンは幼い少女を拾う。
一方、移住民だけが罹ると噂される病が広がる王幡領では、
医術師ホッサルが懸命に、その治療法を探していた。

感染から生き残った父子と、命を救うため奔走する医師。
過酷な運命に立ち向かう人々の“絆”の物語。

                           
                               KADOKAWA HPより引用

兵士団「独角」の頭・ヴァンと生き残った幼子ユナの物語は
いかにもファンタジー
架空の動物が登場し 少数民族の人たちの暮らしなど
想像するのも楽しくすいすい読み進めた上巻。

下巻は、医術師ホッサルが謎の感染症に立ち向かっていく姿
感染症と ヴァンの体に起きる不思議な現象などが語られます。


中学生でも読めるようにとの配慮か、漢字にルビがふられています。
医学的なことは ちょっと難しいのでは?と思いました。

あ、それと造語にもルビふるってあるので覚えるのが面倒!
東乎瑠  → ツオル (国の名前)
黒狼熱  → ミツッアル
半仔    → ロチャイ
火馬の民 → アファルオマ  ←ルビ不要
暁      → オラハ (飛鹿の名前)   など…最初からカタカナでよくない??

ハリーポッターのような・・・というより
ロールプレイングゲームのお話みたいで
これが 本屋大賞?とちょっと不思議です。

私の好みのジャンルではない、ということなのかも知れませんが。

ラストの文章 ↓

生の中には必ず死が潜んでいる。

生まれて消えるまでの間を、悲しみと喜びで満たしながら。
ときに、他者に手をさしのべ、
そして、また自分も他者の温かい手で救われて、
命の糸を紡いでいくのだ。

                     本文より

真理ですね~ ちょっと感動。


タイトルの鹿の王、とは
飛鹿(ピュイカ)←架空の動物 が、敵の動物に襲われた時
死を覚悟で 敵の前に身を躍らせて群れを守る勇敢な鹿の事なんですって。
それが 主人公・ヴァンの生き様ということでしょうか。

字面を追って、内容理解と 情景想像に忙しく
深い感動に至らなかったのが残念。


過去の本屋大賞海賊とよばれた男舟を編む天地明察などが好みです♪